これなーんだ?


じーっと かいてある もじをみる。
ひっくりかえしたり よこにしたりして 
じっくりと みてみる。
すると・・・ あらふしぎ。
なにかべつのものが みえてくる。
みえてきたら じゆうに えをかいてみて。
なにができたかな?

できあがった さくひんは デジタルカメラでしゃしんをとって
oyacode.net ( オヤコデねっと ) におくってね。 
ほかのひとの さくひんも みられるよ。

いつもみなれたものも じいっとみると  いろんなものに だいへんしん。
おとなも こどもも はっけんのたのしさを たいけんできる おえかきあそびです。

(このあそびは わがやのオヤコあそびから うまれました。こちらをみてね!)

ポストカード むりょう はいふちゅう


これなーんだ? あそびがすぐにできる ポストカードを はいふしています。
みつけたら ちょうせんしてみてくださいね!

ポストカードを置いていただけるお店やスペースを募集しています。お問い合わせはこちらまで

大人の方へ

「これなーんだ?」 は子供から大人まで、文字をつかったカタチ遊びが楽しめるお絵描き遊びです。
文字をおぼえたお子さんや大人にとっては、文字を「かたち」として認識しなおし、新しい形を発見する楽しさを体験できます。
まだ文字をおぼえていないお子さんには、文字のかたちに親しむ遊びとしても楽しめます。
そして、できた作品を見せ合うことで親子一緒に同じものをつくる楽しみを共有できます。こどもの創造力や発想のすばらしさを是非いっしょに楽しんでください!

● 遊び方
ダウンロードのページからお好きな文字のお絵描きシートをプリントします。
★の数が難しさを表しています。まずは、簡単なもの(むずかしさの★ひとつ)から一緒にはじめてみましょう。

お子さんに「これなんにみえるかな?」「よこにしてみたらどうかな?」「さかさまにしたら○○にみえない?」などと声をかけながらいっしょに考えてみてください。

お子さんが、「あ、これ○○みたい」といったら、「じゃあお絵描きしてみようか。」とクレヨンなどでお絵描きしましょう。
 できあがったものは「すごいねー。ほんとだー。○○にみえるねー。」とほめてあげましょう。
 
おなじ文字を今度は、大人の方も描いてみてお子さんと比べながら楽しんでください。

小さなお子さんは、ぬりえのように色をぬったり、模様を描いたり、なぞったり、目鼻をつけて動物にしたりしながら、文字の形に親しむところから始めてもいいですね。

できたお絵描きは、ぜひoyacode.netまでお送りください。
子供たちの、いえ、大人の方も、素敵な作品のご応募を楽しみにしています!

主宰者からのメッセージ
 「これなーんだ?」は、小さな2人の娘とお絵描きをしているときに、ぐうぜん生まれました。娘たちはこの遊びがとても気に入り、色々な文字を書いてほしがりました。
詳しくはこちらのページをごらんください。)最初は文字にしか見えなくても、じっと見ているうちに新しいものが見えてきます。その発見の瞬間を楽しむ遊びです。
 子供たちの発想は素晴らしく、いつも感動させられました。その感動をみなさんと分ち合いたくて、この「これなーんだ?」プロジェクトをスタートしました。
 同時に、私が子供たちに最も伝えたいこと、「先入観をなくして自分の目でものを見てほしい」そして「ものには色々な見方があっていいのだ」というメッセージが込められています。         
(oyacode.net主宰 くさか みなこ)